Makoto Ueno : Pianist

Makoto Ueno Photo

上野 真(ピアノ)

Website http://www.makotoueno.jp/

Instagram https://www.instagram.com/makotoueno.kyoto/

Facebook https://www.facebook.com/makoto.ueno.129


祖母と父がオルガニストの家庭に育ち、4歳からピアノを始める。16歳で単身渡米し、カ-ティス音楽院にて、J.ボレット、G.グラフマン両氏に、その後オーストリア・ザルツブルク・モーツァルテウムにてH.ライグラフ氏に師事。修行時代にはM.ホルショフスキー、L.フライシャー、J.ラタイナー、E.オードウェル、A.ヤシンスキ、R.クヴァピル、R.トゥーレック、F.ガリミール各氏の薫陶を受ける。メリーランド(1985)、ベーゼンドルファー=エンパイア(1986)、ジュネーヴ(1988)、オルレアン20世紀(2002)、リヒテル(2005)等の国際コンクールで入賞。2005年青山バロックザール賞、京都芸術新人賞受賞。世界15か国で演奏を行う。
19世紀から20世紀初頭の歴史的楽器による多数のCDを若林工房とオクタヴィア・レコードよりリリースしている。近年は1816年製ブロードウッドでベートーヴェン、1925年製ニューヨーク・スタインウェイでラフマニノフ、1846年製プレイエルでショパン、1852年製エラールでリスト、1906年製のベヒシュタインでシェーンベルク、スクリャービンなどのアルバムを発表。2017年10月には1927年製エラールを使用してのフランス作品集を発表。また2018年には1846年製シュトライヒャーや1903年製ベーゼンドルファーを用いてのブラームス作品集をリリース予定。また現代のベーゼンドルファー・インペリアル290を使用した、フルーティスト瀬尾和紀とのモシェレス作品集、チェルニーの作品集が2014年と2015年にNaxosよりリリースされた。この室内楽シリーズは、今後ベートーヴェン、ウェーバーと続く予定である。
京都市立芸術大学音楽学部教授。名古屋音楽大学客員教授、桐朋学園大学院大学特別招聘教授としても後進の指導に当たり、日本音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、松方ホール音楽賞等国内主要なコンクールの審査員を務める。また海外でも2018年秋にはドイツ・ワイマールのリスト国際ピアノコンクールの審査員を務め、ドイツ、ポルトガル、トルコ、韓国などでマスタークラスを行うなど、教育的活動にも力を入れている。