Makoto Ueno : Pianist

Makoto Ueno Photo

上野 真(ピアノ)

http://www.makotoueno.jp/

祖母と父親がオルガニストの家庭に育ち、4歳からピアノを始める。幼少時に鈴木昤子、宮沢明子両氏に師事。16歳で単身渡米し、フィラデルフィア・カ-ティス音楽院にて、故J.ボレット、G.グラフマン両氏の元で薫陶を受ける。その後1987年から1991年迄オーストリア・ザルツブルク・モーツァルテウムにて故ハンス・ライグラフ氏に師事。故ミエチスラフ・ホルショフスキー、レオン・フライシャー、故エドワード・オードウェル、故フェリックス・ガリミール、故ロザリン・トゥーレック、アンジェイ・ヤシンスキ、故ジェイコブ・ラタイナー、ラドスラフ・クヴァピル各氏から様々な音楽的助言を受けている。1984年にはBBCテレビに出演。翌1985年には、カ-ネギ-・リサイタルホ-ルやJ.F.ケネディセンターなどでも演奏した。 メリーランド国際(1985・ワシントンD.C.)、ベ-ゼンドルファ-・エンパイア国際(1986・ブリュッセル)、ジュネーヴ国際(1988)、オルレアン20世紀(2002)、リヒテル国際(2005・モスクワ)などのコンクールで上位入賞。

現在までソロの演奏会を、日本各地、タイ、韓国、アメリカ合衆国、ドイツ、チェコ、ベルギー、オランダ、フランス、オーストリア、メキシコ、ロシア、ラトヴィア、トルコなどで行い、また協奏曲では、札幌交響楽団、京都市交響楽団、東京佼成ウィンドオーケストラ、大阪シンフォニカー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、チューリヒ室内管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ナショナル交響楽団(ワシントンD.C.)、モスクワ放送響、スタヴァンゲル交響楽団(ノルウェー)、サマラ交響楽団(ロシア)、UNAM管弦楽団(メキシコ)等、各国のオーケストラと共演している。また2004年より、19世紀から20世紀前半のフォルテピアノやピアノの名器を使っての演奏会を、京都、大阪、名古屋、東京、札幌など日本各地で開催、又それらの名器を駆使してのレコーディングも精力的に行っており、高い評価を得ている。

2004年にリスト・超絶技巧練習曲全曲とトランスクリプションのデビュ-CDをリリ-ス(Octavia)。2006年にはSACDのアルバム、「3つのモダン・タイムズ/ドビュッシー・バルトーク&ストラヴィンスキー」を発表(Octavia)。2011年には、歴史的楽器、1816年製ブロードウッドと1820年製マテーウス・シュタインを使った「ベートーヴェンのピアノソナタと幻想曲」のソロアルバムを発表(Octavia)。2013年には1925年製ニューヨーク・スタインウェイを使用したラフマニノフとドビュッシーのアルバムをリリース(若林工房)、そして1846年製プレイエルと1852年製エラールを使用したショパン・ソナタ集のアルバムを発表(Octavia)。いずれもレコード芸術誌特選盤、および準特選盤。2014年には1852年製エラールによるリストのアルバムを発表、またNaxosレーベルから、フルーティスト瀬尾和紀とのコラボレーションによる、モシェレスの作品集がリリースされた。2015年にはツェルニーの作品集、2016年には1906年製ベヒシュタインによるロシア・フランス作品集がリリースされた。

2017年以降は1927年製エラールを弾いてのドビュッシーとラヴェルの作品集、1846年製シュトライヒャーと1890年製ベーゼンドルファーを使用してのブラームス作品集のCDリリースが計画されている。

1996年以来京都を拠点とする。京都市芸術新人賞、青山バロックザール賞を受賞。現在京都市立芸術大学音楽学部准教授。近年名古屋音楽大学客員教授、桐朋学園大学院大学特別招聘教授としても後進の指導にあたっている。日本音楽コンクール、全日本学生コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、松方ホール音楽賞等、国内主要なコンクールの審査員を務め、ドイツ、トルコ、韓国、ポルトガルなど海外でもマスタークラスを行うなど、教育的活動にも力を入れている。


短縮版略歴はこちらをご覧ください。